歯に関するコラム記事一覧

お子様の大切な歯を虫歯にしないために、歯磨きをするのは当然ですが、それ以外にも食生活の見直しというのもポイントになってきます。お菓子食べ放題など、乱れた食生活をさせていると、虫歯になるリスクを高めることになるので注意が必要です。食生活がどのように虫歯に関わってくるのかという点についてですが、特に糖質が多い食事をしていると虫歯になるリスクを高めると言われています。これは子供の頃の歯磨き指導などでも言...

虫歯になるのは虫歯菌という細菌が、口内で繁殖して歯に影響を与えることによって起こる症状です。元々虫歯菌は、口内の中に存在しておらず、親の口から子供の口に侵入することが多いと言われています。特に大人が口をつけたご飯を子供が食べることにより、食べ物を媒介して子供に虫歯菌を運んでしまっていることが少なくなくありません。このことが原因になって幼児期の虫歯の原因を作っていることがあります。子供が小さい時は硬...

親からの遺伝というと髪の毛のクセ・髪の毛の色・まつげの長さ・えくぼの有無・鼻筋・鼻の穴の形・鼻の下の面の向き・鼻の幅の広さ・耳たぶ・歯並び・歯の形・歯の質などがあげられます。俺、虫歯だらけだからな・・・生まれてくる子も虫歯だらけなのかなorzパパ、心配しなくても大丈夫よ♪虫歯は遺伝しないのよ♪そうなんです。虫歯は遺伝ではないのです。

子供の歯磨きをする場合に特に小さな子供というのは、歯をきれいにするために磨いているという感覚があまりありません。なので、歯磨きをすることに対して嫌がる子も多く、親が言ってもなかなか応じてくれなくて困ることもあります。そもそも嫌がっているのに子供の歯磨きをしないといけないのは、虫歯になってしまう可能性があるからです。歯磨きをしないと虫歯になって治療をすることになる方が、さらに負担は増えることになるの...

子供の歯磨きをする場合に、一定の年齢に達した後は子供に歯ブラシを持たせて磨かせる体制をつくる家庭は多くありますよね。その目的は、自分で歯ブラシを握って歯を磨く習慣を持たせることによって歯磨きに対する抵抗感を少なくすることです。最初から自分でして磨き残しがないように歯磨きをすることは困難なので、親のサポートも必須になります。一般的に子供が自分の歯を磨き残しなく、しっかりと磨けるようになるのは6歳以降...

子供の歯磨きで子供が嫌がる理由は歯磨きを何のためにするのか分からないことが理由としてあります。自分自身が子供の頃に歯磨きをしていた事を思い出した場合に、どのような気持ちだったかということを考えた時、歯を磨くことを嫌がっていた記憶がある人も多いと思います。これが少しずつ年を重ねて小学生くらいになると、歯磨きをすることによって虫歯を予防することができることや、口内環境を整えることによって健康的な歯を保...

子供の歯磨きは歯が生えたタイミングから行うのが一般的となっています。しかし、子供にとってみると歯磨きは歯ブラシを口に入れられるので抵抗感を持っている子供も少なく、なかなか前に向いて歯磨きが進まないという場合もあります。子供の歯磨きをする場合に過程そのものがそこまで大切であるというわけではなく、どちらかというと仕上げの方が大切です。そして、どのように仕上げを進めて行くかということを意識する必要もあり...

子供の歯磨きをする場合に意識したい事があります。それは、歯磨きをすることは楽しいことであると子供に思ってもらうようにすることです。子供の歯磨きをする際に子供が嫌がるのは、ブラシでゴシゴシされて不快なことなどが理由ですが、それ以上に親が強要してくることに対しての抵抗でもあります。親にとってみれば、きれいに歯磨きをして虫歯にならないようにするための行動なので、子供に分かってもらうことができないもどかし...

子供の歯磨きにかかる時間は、抵抗する子供だと数十分程度かかってくるようなこともあります。忙しくて時間がない親にとっては、歯磨きにとられてしまう時間が惜しいと感じているかもしれません。このような状態だと、歯磨きをできるだけ早く終わらせたいと親が思うので、強引に磨いてしまうことも少なくありません。それが理由となって、歯磨きがもっと嫌になって歯磨きにかかる時間もさらに伸びてしまうことがあります。子供の歯...

子供の歯磨きをする際に年齢によって体勢を変えるのが一般的となっています。0歳から1歳にかけてはだっこみがきで子供の歯磨きをします。この場合は片手をわきに挟んで、もう一つの片手には歯ブラシを用意しますが、様子を見ながら磨いていくことが大切です。もう少し年齢が高くなったら寝かせて磨くようになります。膝枕をして歯を見ながら磨くのがコツで反応を見ながら丁寧に磨いていくようにしましょう。寝かせみがきについて...

子供の歯磨きは親が苦戦しやすいことの一つですが、ある程度大きくなって歯磨きをすることの意味が理解できるようになってくると、比較的スムーズに歯磨きが進んでいくことになります。しかし、幼児など小さい子供の歯磨きについては、歯磨きをどのような理由でするのかということが分からないこともあって、子供が歯磨きに対して抵抗感や不安感を持ってしまうこともあり、一度嫌がるようになると今後の歯磨きもさらに大変になりま...

お子さんの歯磨きがスムーズにいかずに、たくさんの時間をかけてやっと歯磨きをしているお父さん、お母さんがいらっしゃると思います。特に幼児期の子供の歯磨きというのは子供も、お子さんが元気に動くことに加えて、歯磨きそのものが嫌なことが多いので、時間も余計にかかりやすくなっています。子供の歯磨きで失敗しないようにするためにも子供に歯磨きを強要するのではなく、歯磨きをすることが習慣化するように促すことや、歯...

子供の歯磨きをする際に使っている歯ブラシの多くの場合は、親が選んで購入してきたものだと思いますが、子供の歯磨きに適したものをインターネットの情報を集めて、高い歯ブラシを購入しているというところもあるかもしれません。確かに子供の歯は小さいのでより歯にマッチした歯ブラシを購入して使用することは大切なことですが、子供の歯磨きに使う歯ブラシにお金をかけても、子供が歯磨きすることに対して嫌がっている場合だと...

子供の歯磨きは大人がする歯磨きと違う感覚になるので、事前にどのように磨いたらいいのかということや歯ブラシの選び方、歯磨き粉の種類などを調べておく必要がありますが、子供によって顔つきが違うように歯も個人差があるので、絶対にこれをしないといけないというルールはありません。子供にあわせて柔軟に対応することが子供の歯磨きをする上でのコツになりますが、いずれにしても嫌がられてしまうと歯磨きをすること自体が難...

子供の歯磨きの時に使用する歯磨き粉によって子供の歯磨きに対する抵抗感などが劇的に変わることもありますが、何も使用しないで歯磨きをするよりも歯磨き粉を購入して子供の歯磨きをする方がおすすめです。これは歯磨き粉の味に理由があり、昔に比べると子供用の歯磨き粉の味はかなり改善されていて味が好きになって自ら歯磨きをする子供もいるくらいなので、子供が好きな歯磨き粉が見つかれば、それからの子供の歯磨きはかなりラ...

子供の歯磨きをする場合に使用する歯磨き粉については数多くの種類が販売されていますが、虫歯予防の観点から使用する意味があるのはもちろんですが、歯磨きをすることが嫌いな子供に歯磨きを好きになってもらうという意味でも歯磨き粉は重要な役割を果たすことがあります。子供の歯磨きをする際に歯磨き粉に使用されている香料などは子供の今後の歯磨きライフにも大きく関わってくる要素にもなりますが、親が決めてしまうのではな...

子供の歯磨きで苦戦するのは、どちらかというと永久歯よりも乳歯だと思います。永久歯が生えてくる頃になると、歯磨きの必要性などを理解することができるくらいの年齢に達してくるので、抵抗されることも少なくなります。一方で乳歯の頃というのは、歯磨きをされていることが分からないことが多いです。親にとっては必死に歯がきれいになるように歯磨きをしていても、子供からするとただただ不快感でしかありません。ちなみに乳歯...

子供の歯磨きに苦戦している家庭は多いと思いますが、親自身も歯磨きをしないといけないという意識はあっても、虫歯のために磨かないといけないくらいの意識の場合も多く、歯磨きの本質的な部分まで考えて子供の歯磨きをしようと考えている親は少ないかもしれません。そもそも子供と親では生えている歯の種類が異なっているので、子供の歯磨きをする場合は子供に生えている歯の状態に合わせてきちんと歯を磨くということが大切です...

子供の歯磨きをする場合、特に小さな幼児の歯磨きをする場合は、かなり抵抗されるので親も頭を抱えていることが多いのですが、子供の歯磨きをする場合はできるだけ嫌がられないようにする環境を作ることも大切です。子供の歯磨きの基本になってくるのは力を入れて磨かないようにするという点で、どうしても虫歯になって欲しくないという親心からゴシゴシ強い力で歯を磨くことが多いのですが、歯茎にブラシが当たることによって炎症...

親がお子さんの歯磨きをきちんと入念に行っていても、虫歯になってしまう場合もあります。それは子供の歯磨きがしっかりできていないという理由だけでなく、体質的に虫歯になりやすい子供もいるので、子供の歯磨きができてなかったと自分を責めるのではなく、しっかり虫歯の治療を進めて行きましょう。虫歯を治療するためには歯医者に通って治療をするのが一般的です。歯医者によって子供が行きやすい雰囲気のところや、そうでない...